忍者ブログ

知ればきれいになる!美容ブログでは、さまざまな美容法やスキンケアの方法など情報や最新の化粧品やエステ情報をわかりやすく紹介しています。


[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最新の美容法は→ranking

ウエストくびれのエクササイズ

見栄えのするボディラインになるために、ウエストをストレッチやエクササイズでくびれさせたいという方は少なくありません。

ウエストのくびれが作れるストレッチは幾つかあります。

脚を肩幅に開き両手を組みます。組んだ両手を体の真上に持って行き、気持ちの良い範囲でしっかり伸ばしましょう。

ゆるやかな動作を心がけながら、体を左右のいずれか片方に曲げます。

上半身だけの動きになるようにし、息を静かに吐きつつ行うことがポイントです。

苦しくないくらいまで体を傾けたら、呼吸は止めないでその状態で10秒保持をします。

その後はいきなり姿勢は戻さず、ゆっくり戻して深呼吸です。次にもう一方の横に体を倒し、同じ事を行います。

毎日5セット行えば、理想的なウェストのくびれを手にすることができるでしょう。

ウエストのくびれのエクササイズも効果的です。姿勢を正して直立し、手はまっすぐ左右に伸ばします。

足は肩幅くらいに開き、下半身は動かさずに上半身だけを真横に引っ張ります。

片方を行ったらもう片方に対して同じ動きをします。くびれのあるウエストになるためのエクササイズは、色々あります。足を肩幅に開いてまっすぐ立ち、両手を肩と同じ高さで広げます。

そして、右の肘を左膝に触れるように寄せます。

それが終わったら左肘を右膝に触れるようにと、左右交互にこの動作をします。

くびれのあるスリムなウエストになるためには、毎日30セットを1日のどこかの時間で行えるように習慣化するといいでしょう。

PR

最新の美容法は→ranking

ウェストのくびれ対策

ウエストのくびれは憧れの対象ですが、何をすれば実現できるでしょう。

骨盤や背骨の骨格の歪みをなおすことが大事です。

歪んだままでウェストのくびれを無くそうと対策をしても、充分な効果を得る事は出来ません。

整体に行ったり、バランスボールも骨盤や背骨の歪み矯正には効果的なのでおすすめです。

ウェストのくびれ対策ですが、ウェスト周り、骨盤周りの筋肉のエクササイズが効果的です。

ウエストのくびれを作るには体の内側からの改善も大事です。野菜や海藻を中心に、肉や油の多く食事は減らし、炭水化物は摂取しすぎないように気をつけましょう。

食事や生活リズムの見直しの他にも、ジョギングなどの有酸素運動をいつもあるようにするといいでしょう。

有酸素運動が習慣化できたら、食習慣を改善して体にいい食事を常食にするよう心がけてください。

ウエストをくびれさせきれいなプロポーションになるには、3日坊主にならず日々続けることです。

筋肉はある程度暖まった状態の方が運動の効率も良くなりますので、有酸素運動に取り組む前に軽い準備体操をする習慣をつけることで筋肉への負荷を減じ、鍛えやすくなるといいます。

代謝を促進することがウエストのくびれ作りには大切です。

代謝を促進するには普段から血流の滞りを軽減する必要があります。

背筋を伸ばし、いい姿勢を保つよう心がけてください。

ただし、腹筋や背筋の力が弱いと体をまっすぐに支えることが苦痛になり、姿勢が崩れがちですので、いい姿勢を保てる程度の腹筋や背筋は維持しまょう。

いつも良い姿勢を意識して、理想のウェストくびれを目指しましょう。

青田典子の自宅で簡単にできる!【ビューティブル・ダイエット】

最新の美容法は→ranking

くびれなしウエストの原因

筋肉を使わない生活や食事面での問題でウエストに脂肪がつき、くびれがわからなくなる方がいますが、他には理由はないでしょうか。

ストレスの多い生活や運動量の少ない日々を送っていると代謝が弱くなって老廃物が蓄積されやすくなり、リンパの流れも悪くなります。

老廃物が排出されにくい体は脂肪の代謝も衰えることになり、ダイエットに励んでも脂肪が燃焼されにくくなります。

そのためウエストに脂肪が溜まってくびれがわからなくなります。

腹筋や背筋等の骨盤を支えている筋肉の低下による骨盤の開きも、くびれのないウェストの原因になるようです。

子どもを産むと骨盤が開き気味になって背骨が歪みますが、これもウエストのくびれに影響します。

足に合わない靴は歩く時に不便なだけではありません。

足の負担から骨格の歪みが生じ、代謝が低下してウエストのくびれを失ってしまいます。

片足に重心をかけたり、足をクロスして立ったり、足を組んで座ることも骨盤や背骨がゆがむ原因になります。

正座を少し崩したぺたんこ座りや女性のよくする横座りなどは骨盤を歪ませる最たるものです。

骨盤に歪みがあると内蔵が下腹部に押しやられて代謝活動を低下させます。

太りやすい体質になって、脂肪のつきやすい、くびれのないウエストになるのです。

便秘も代謝低下を招く要因となりますし、腹部に便を溜め込むことになりますので、その分ウエストが太くなってくびれがなくなります。

塩分の摂り過ぎ、血行不良、ビタミンやミネラル不足によるむくみもウェストのくびれが無くなる原因です。

いつまでもくびれたウエストでいるには、内からも外からの手入れをしましょう。

体脂肪率30%⇒3%に!ダイエットコンサルタント小幡 聡が教える、体脂肪だけ減らす【☆☆☆☆☆(五ツ星)ダイエット】「1ヶ月間メールサポート付き」

最新の美容法は→ranking

| top |
|
発行メルマガ
メルマガ購読・解除
 
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カスタム検索
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
フィードメーター - 知ればきれいになる!美容ブログ あわせて読みたいブログパーツ
SEO無料ブログSEO
  • 無料SEO対策
SEOパーツ
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ  [PR]