忍者ブログ

知ればきれいになる!美容ブログでは、さまざまな美容法やスキンケアの方法など情報や最新の化粧品やエステ情報をわかりやすく紹介しています。


[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最新の美容法は→ranking

保湿クリームの選び方と注意点

保湿クリームは顔だけでなく、全身の皮膚の乾燥をケアするために使える体全体用のものも販売されています。

お風呂からあがると、水蒸気と一緒に肌の水分も蒸発してしまいます。

皮膚が乾ききる前に、保湿成分や皮脂に似た油分を含むボディクリームを塗ることによって乾燥を防ぎ、肌の保湿をすることができます。

全身に塗る保湿クリームを選ぶ時は、量が少なくても全身に濡れるような、皮膚の上で十分に広がるタイプのクリームがお勧めです。

望ましい保湿クリームは、あまりベトベトせずにサラリとしていて、肌が張りや潤い成分を得られるようなものです。

買うときには成分表示をよく確認して、保湿にいい成分がどの程度使われているかを調べてください。

水分を包み込んで逃がさない成分は保湿クリームには重要な成分であり、セラミド、スフィンゴ脂質レシチンなどがあります。

エラスチンやコラーゲン、ヒアルロン酸はわずかな量で大量の水分を保持できるため、皮膚の保湿には欠かせない存在です。

尿素やアミノ酸、PCAといった天然保湿因子やグリセリンは吸湿性が高く、保湿クリームによく利用されています。

保湿クリームには、スキンケア商品はもちろん、食べ物やサプリメント等でよく耳にする美容成分がたくさんあります。

最終的には、肌タイプに最も合う保湿クリームがいい保湿クリームです。

保湿クリームの正しい使い方を習得して、顔はもちろん全身もしっかりスキンケアしていただきたいものです。
PR

最新の美容法は→ranking

保湿クリームの正しい使い方

美肌効果のあるものは美容液より保湿クリームだという人もいますが、スキンケアに使う保湿クリームと美容液とはどのような違いがあるでしょう。

医薬部外品あるいは医薬品として販売されている保湿クリームは、皮膚軟化剤や保湿剤が含まれるスキンケア用品です。

保湿効果のある美容液もありますが、美容液は美白や肌の栄養添加にも役に立ちます。

脂性肌もしくは普通肌の人のスキンケアならば、保湿クリームと美容液のどちらを選んでも良いでしょう。

保湿クリームの中にも医薬品として販売されているものがありますので、敏感肌や肌に問題がある方はそちらがいいでしょう。

肌が乾燥するとかゆみを感じる事がありますが、皮膚をかいてしまうと傷つけるので注意が必要です。

成分表示に尿素と書かれている保湿クリームが、皮膚の乾燥緩和には役に立つでしょう。

保湿クリームには油分が含まれているので、気になる人はオイルフリーのジェル状の保湿クリームがおすすめですが、ジェル状の保湿クリームの保湿成分は蒸発しやすいそうです。

肌から水分が逃げていってしまわないよう、入浴後や洗顔後の肌に十分なスキンケアをしてから、保湿クリームを塗ります。

保湿クリームで肌からの水分蒸発を防止することにより、化粧水を施して肌に与えた水分が空気中に出て行ってしまわないようにします。

アルコール成分が配合されている化粧水もあるようですが、アルコール分の多すぎる化粧品は肌の乾燥を助長する危険性があるので要注意です。

肌を乾燥から守り水分量を維持するためにも、質のいい保湿クリームを付ける前に、化粧水をたっぷり使って肌のに水分を与えてください。

最新の美容法は→ranking

保湿クリームと保湿効果

保湿クリームは化粧品メーカーはもちろん、医療品メーカーからも多くの商品が発売されているスキンケアのアイテムです。

肌のコンディションは人によって全く違い、生活環境や毎日の状況によっても差があります。

高級な保湿クリームでも肌に合わなかったという方は少なくないようです。

適切な保湿クリームを見つけるためには、まず肌の保湿の必要性について確認しておきましょう。

保湿クリームの肌への役割を知ると選ぶ視点も変わります。

肌の保湿では、水分が足りない肌に水分を付与することで肌の健康を保つことが目的です。

保湿は何故必要なのでしょうか。

私達の体の65%は水分で出来ており、体内の水分が43%以下になると人は死んでしまいます。水分が体から失われると、体は乾燥してカサカサになります。

肌も水分が足りなくなるとしっとり感がなくなってしまいます。

皮膚は表層部分の水分が不足気味になると、より下層から水分を補充して足りない水気を取り戻そうとします。

そのため下層も乾燥していきます。

水分を維持出来ない状態の肌にいくら水分を与えても、蒸発してしまえばまた元の乾燥肌にもどっていまいます。

肌から水分が蒸発しないような対策がきちんとしてあれば、多少乾燥した環境の中でも肌から水分は失われず、肌に水分補充をしても乾燥せず肌に留まってくれます。

細胞間脂質セラミドや保水力に優れたヒアルロン酸が、肌への保湿効果をもたらします。

保湿成分がたっぷり含まれた保湿クリームや美容液を毎日のスキンケアに取り入れることで、肌の保水力を高めてください。

最新の美容法は→ranking

| top |
|
発行メルマガ
メルマガ購読・解除
 
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カスタム検索
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
フィードメーター - 知ればきれいになる!美容ブログ あわせて読みたいブログパーツ
SEO無料ブログSEO
  • 無料SEO対策
SEOパーツ
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ  [PR]